Home > チーム医療活動 > 地域連携を中心とした精神障害者支援の取り組み (PAGE 1)

地域連携を中心とした精神障害者支援の取り組み

富山県砺波厚生センター

1.はじめに

 私たちは、地域で日頃より精神障害者と接する中で、地域生活になかなか適応できずに再発を繰り返す障害者の支援はどうあるべきなのか考えたいと思いました。精神障害者が適切な医療を受けながら安心して地域生活を営めるよう、支援者がお互いの役割を認識し、どの時期にどのような支援を提供するのかの共通理解を得て、地域総体としてよりよい支援が提供されるようシステム化を図りたいと考え、そのためのツールとして連携クリティカルパスの作成を試みました。 今回の取り組みは、管内5つの全精神科医療機関、2つの通所授産施設、1つの地域生活支援センター、1市1町それぞれの医師・精神保健福祉士・臨床心理士・看護師・作業療法士・保健師等の協力を得て実施しているところです。 2.連携クリティカルパスができるまでの取り組み

1)必要な支援の洗い出し

 クリティカルパスに盛り込む項目を考える上で、患者及び家族にとって必要な支援は何なのかを探ることから開始しました。

(1)聞き取り調査

 マトリックス票を用いて調査しました。

対象 患者 家族 保険医療関係者
方法 聞き取り調査 聞き取り調査 自己記入
主な項目 ・生活感
・病気に対する思い
・家族への思い
・病院等関係機関への思い
・困ったこと
・求めていた支援
・受けた支援
・受けた支援をどのように
 感じたか(当時と調査時)
・生活感
・病気に対する思い
・求めていた支援
・困ったこと
・受けた支援
・受けた支援をどのように
 感じたか(当時と調査時)
・提供した支援は何か
・病院等機関として困った
 ことは何か
・必要と考える支援