Home > 活動レポート > 財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部

具体的な活動


1.精神障害者に対する生活支援の担い手の育成

 様々な精神保健福祉の法整備にともない、精神障害者への生活支援の強化が求められており、精神障害者の暮らしの向上を支援できる専門性の高いプロの育成が望まれています。ソーシャルワーカーの基本的なトレーニングは、個別のスーパーヴィジョンから始まります。しかし、我が国の精神保健福祉領域では、一部の大学で試みられたのみで、まだ普遍的な制度にはなっていないため、意欲のある人はやむなく個人的に師を求め、自己研鑽しているのが現状です。孤立し、客観的な評価をともなわない支援は、支援者の自己満足に終わる恐れがあります。精神障害者の暮らしの質が向上しない「生活支援」は、プロの仕事とは言えないのではないでしょうか。
 (財)石神紀念医学研究所では、精神保健福祉援助技術を駆使して、具体的に精神障害者の生活を向上させる力を身につけるためのお手伝いを致します。

訓練項目 対象者 訓練内容
精神科ソーシャルワークの基礎的訓練 精神科ソーシャルワーカー
施設職員
ヘルパー
行政職員
学生等
・ケースワーク技法
・記録の取り方
・情報の収集等
グループワーク、コミュニティーワーク ・組織や施設作り
・ネットワーク作り

2.精神障害者のご家族へ、我が子が障害をもちながらも、
暮らしの見通しがもてるような支援

 精神障害をもつ人々やその家族の方々は、長らく医療には馴染んできましたが、退院後は、障害をもちながらどのように暮らしていったらいいのか、いつ、どんな条件があったら働いたり自立したりできるのか、と心配されている方が多くいます。
 このような状況でご本人の社会生活の広がりを目指し、先の見通しと希望のある暮らしを手に入れていくためには、最も身近にいるご家族が、適切な情報を得ながら認識を深めることが求められています。

相談項目 相談活動
家族相談 ・一家族を対象とする面接
・家族グループへの支援

3.市民が精神障害者をより良く理解するための支援

 長い間、精神障害者は「障害者」と認知されていませんでしたが、今では多くの市民がボランティアとして、精神障害者作業所等へ参加するようになりました。
 今後、地域でのノーマライゼーション実現のために、市民としてふれあいを求めていくなかで、よりいっそう精神病や精神障害、そして障害をもちながら地域で暮らす上での課題等について、地域の人々に認識を深めていただけるよう、啓発活動を推進していきます。

相談項目 相談活動
啓蒙活動 ・研修会の開催
・講演会の開催
・講師派遣