Home > 活動レポート > 財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部

財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部

ごあいさつ

ごあいさつ

 精神障害を持つ人に、ようやく生活支援(福祉)の手立てが始まろうとしています。時まさに、「精神保健福祉士」の国家資格化にともなう教育の拡充、行政サービスに関する都道府県から市町村への業務移管、精神障害者専門のヘルパー制度の新設等、法制度が次々に改正あるいは創設されています。
 これらの法制度の整備は、あくまで障害者の暮らしを支援することを目指しており、具体的に「住むこと」「憩うこと」が実現していく可能性を持っています。
 このような状況の中、財団法人石神紀念医学研究所では、
1) 精神障害者に対する生活支援の担い手の育成
2) 精神障害者のご家族へ、我が子が障害をもちながらも、暮らしの見通しがもてるような支援
3) 市民が精神障害者をより良く理解するための支援
を行うことを目的に掲げ、「精神保健福祉事業部」を開設いたしました。

石神文子(財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部 代表)

教職(平成13年度分)
花園大学、関西福祉科学大学、皇學館大学、大阪体育大学短期大学部、北海道医療大学、藍野学院短期大学他
著書
「心病む人々の生活支援〜精神保健福祉相談員の記録」(やどかり出版)


財団法人 石神紀念医学研究所
精神保健福祉事業部
代表 石神文子
略歴
昭和36年 大阪府立女子大学社会福祉学科卒業。
大阪府職員となり、精神科ソーシャルワーカーとして
関係機関で勤務。職員研修を8年間担当。
平成8年 大阪府退職
平成9年 (社福)京都光彩の会精神障害者通所授産施設
「京都市朱雀工房」施設長。
平成10年 (社福)京都光彩の会精神障害者地域生活支援事業
「なごやかサロン」責任者を平成12年3月まで兼務。
平成13年 (社福)京都光彩の会退職。現在に至る。