Home > 活動レポート > 医療法人勇愛会 大島病院

医療法人勇愛会 大島病院


理念 開かれた病院めざして〜地域とともにあゆむ

大島病院外観

方針
一、安心して休養をとることのできる場所
一、スタッフのレベルアップを目指して
一、治療医学から予防医学へ
一、トータルケアを

 当院は総合病院を有する久留米市、鳥栖市、佐賀市に囲まれた医療環境としては厳しい田園地帯に位置しています。

 そのような環境の中で当院は精神科と脳神経外科を中心に中枢神経疾患を機能的及び器質的観点からアプローチする病院として位置付けしております。

 まず治療を行うにあたり、田園地帯の特性を活かし十分なスペースを利用し、安心して休養をとることのできる場所の提供に努めております。その上で中枢神経疾患に対してのより高度な専門的治療及び看護を含む専門スタッフ集団によるトータルケアが可能となるように致しました。

 精神科では処遇困難な急性期の患者様を県内外より積極的に受入れ、高度かつ密度の高い治療を提供し、退院後はデイケアを行い、社会復帰を目指し、再入院の減少を目指しております。

 脳神経外科では地域救急医療での24時間体制を取っております。又予防医学に於いては地域市町村と協力し脳ドックを実施、当院が中心となり地域住民の脳疾患の早期発見に努めております。

 中枢神経疾患に対して予防を前提とし、精神的、身体的治療をトータルケアし、この地域と共にあゆみ、地域の人が気軽に検診、治療、相談でき、急性期、処遇困難な患者様であれば地域にとらわれず対処する開かれた病院を目指しております。

大島病院URL : http://www.ohshimahospital.jp