Home > 活動レポート > 独立行政法人国立病院機構 肥前精神医療センター

独立行政法人国立病院機構 肥前精神医療センター

基本理念

肥前精神医療センター 外観

THE MOST IMPORTANT PERSON IN THIS HOSPITAL  IS THE PATIENT
(この病院で最も大切な人は患者さんである)

高度な医療・研究・研修の統合を目指します
  • 心と脳の高度医療センターとして専門医療を提供します。
  • 患者さんの人権と個人の尊厳を守り、心あたたかいサービスに努めます。
  • 精神医療従事者の研修センターとして臨床教育機能の向上を図ります。
「SUCCESS」診療理念キーワード
  • 満足 Satisfactory これからの医療のコンセプトは患者さんの満足度の時代です。
  • 納得 Understanding インフォームドコンセント(説明と同意)を守ります。
  • 統合 Comprehensive こどもからお年寄りまでのあらゆる疾患に対応。
  • 信頼 Confidential 多職種のスタッフによるチーム医療を展開。
  • 救急 Emergency 24時間、休祭日いつでも受け付けます。
  • 専門 Speciality 多くの専門医をそろえた最新の治療。
  • 連携 Social-net 県内外への広域ネットワーク医療。

病院の特色

 当院は、第二次世界大戦後、昭和20年に「国立肥前療養所」として誕生しました。The most important person in this hospital is the patient(この病院で最も大切な人は患者さんである)という理念の下、常に時代を先取りし、早くから患者さんの人権尊重や精神科医療の専門分化への取り組みを行ってきました。当院では、民間病院では対応が難しい症例を含め、あらゆるニーズにも応えられる「高度専門オールラウンド型病院」として、小児思春期の情緒障害や発達障害、神経症、アルコール依存症、薬物依存症、認知症などの専門外来・専門病棟を整備してきました。平成15年には、全国に先駆けて精神科救急入院料基準を取得し、平成18年には医療観察法病棟(平成21年度に新築病棟へ移設)も開設しました。
 また、当院は、精神医療の教育研修センターとして、医師、看護師、心理療法士、作業療法士、精神保健福祉士など多専門職種の学生実習、卒後研修を行う「研修・教育型」病院でもあります。平成19年度からは司法精神科専門研修事業を開始し、平成20年度からはIT(テレビ会議システム)を利用して多施設共同で行われる「国立病院機構連携後期臨床研修コース」を開始しました。

IT(テレビ会議システム)を利用した「国立病院機構連携後期研修コース」参画病院
  • 肥前精神医療センター(佐賀)・・・・・「医師養成研修センター」付設
  • 花巻病院(岩手)
  • 久里浜アルコール症センター(神奈川)
  • 東尾張病院(愛知)
  • 琉球病院(沖縄)
  • 榊原病院(三重)
  • 小諸高原病院(長野)
  • 賀茂精神医療センター(広島)
  • 菊池病院(熊本)
  • 精神・神経センター武蔵病院(東京)
    は、平成22年度新規参加予定施設)

pdf肥前精神医療センターの機能 (PDFファイル:623KB)

PDFをご覧いただくには Acrobat Reader をインストールして下さい。get Acrobat reader