Home > ニュース > これからの展望 > 精神保健医療福祉サービスの評価(PAGE 1)

精神保健医療福祉サービスの評価

精神保健医療福祉サービスの評価
― 都道府県・指定都市の評価手法の検討を通して ―

新潟医療福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科
濱野 強

1.精神保健医療福祉を取り巻く環境の変化

 近年、精神保健医療福祉を取り巻く環境は大きく変化しているといえましょう。厚生労働行政の観点から、精神保健医療福祉政策の動向をまとめたのが表1で す。この表をみていただくとお分かりになると思いますが、平成14年12月に「今後の精神保健医療福祉施策について」が公表されて以降、入院医療主体から 地域保健・医療・福祉を中心としたあり方へという方向を推し進めていくため、各種検討がなされてきたことがお分かりになるでしょう。
  このような 変革の時期に、精神保健医療福祉サービスの変化の実態やあるべき姿、施策の進展の地域差などを評価する仕組みや方法を開発することは重要な課題となってい ます。また、平成16年9月に公表された「精神保健医療福祉の改革ビジョン」においても、達成目標を実現するため、都道府県単位で医療と保健・福祉が連動 した取り組みを進めていく必要性が明記されるなど、計画的なサービス提供体制の整備が求められているのです。
  そこで、今回は、平成14年度〜平 成16年度厚生労働科学研究費補助金(障害保健福祉総合研究事業)「精神保健サービスの評価とモニタリングに関する研究」(主任研究者:岩崎 榮、日本医 療機能評価機構 理事)から、都道府県・指定都市の精神保健医療福祉サービスの評価モデルをご紹介します。

平成14年12月 「今後の精神保健医療福祉施策について」
平成15年 5月 「精神保健福祉の改革に向けた今後の対策の方向」
平成15年 9月 第1回「精神病床等に関する検討会」開催(全11回)
平成15年10月 第1回「精神障害者の地域生活支援のあり方に関する検討会」
の開催(全12回)
第1回「心の健康問題の正しい理解のための普及啓発検討会」
の開催(全5回)
平成16年 3月 「心の健康問題の正しい理解のための普及啓発検討会」報告書
平成16年 8月 精神病床等に関する検討会」最終まとめ
「精神障害者の地域生活支援のあり方に関する検討会」最終まとめ
平成16年 9月 「精神保健医療福祉の改革ビジョン」
平成16年10月 今後の障害保健福祉施策について(改革のグランドデザイン案)