Home > ニュース > これからの展望 >地域包括ケアとは何か?(PAGE 2)

地域包括ケアとは何か?

高齢者ケアにおける地域包括ケア

 地域包括ケアは、高齢者ケアの文脈で、総合的に語られることが多い。厚生労働省からの説明のポイントは次の通りである。

 2025年には団塊世代が75歳以上を迎える。高齢者の割合が多くなっても、重度要介護状態でも住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けられるように、住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供するシステムを構築する必要がある。 認知症の高齢者数は増加するが、たとえ認知症であっても地域での生活を支えるシステムを整備することが求められている。 ただし、高齢化の進展には地域差があり、たとえば、大都市部では、人口が横ばいだが75歳以上人口が急増する一方、町村部では75歳以上人口の増加は緩やかだが人口が減少する。地域差に対応するためには、保険者である市町村・都道府県が、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていく必要がある。
≪厚生労働省≫ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/

 厚生労働省では、高齢者の地域での社会資源を網羅し、自宅を中心にまとめた概念図を紹介している。その図を、それぞれの要素を盛り込んでまとめたのが次の図である。さまざまな施設等でのサービスを組み合わせて、「住み慣れた地域で自分らしい暮らしを全うできるようにしよう」というのが高齢者ケアにおける地域包括ケアの基本的な考え方である。

地域包括ケア