Home > ニュース > MMSニュース > MMSニュース No.89 (PAGE 1)

MMSニュース No.89

「平成22年度診療報酬改定情報1」 〜改定スケジュール・改定の基本方針等〜

《CONTENTS》  〜 平成21年12月末までの審議状況1 〜
   Ⅰ.平成22年度診療報酬改定のスケジュール(案)
   Ⅱ.平成22年度診療報酬改定の基本方針
   Ⅲ.平成22年度診療報酬改定に関する閣議決定内容

Ⅰ.平成22年度診療報酬改定のスケジュール(案)

図1 平成22年度診療報酬改定のスケジュール(案)

 診療報酬改定のスケジュールについては、社会保障審議会の医療部会・医療保険部会で診療報酬改定の基本方針を定め、改定率の決定後に基本方針に沿って中央社会保険医療協議会(中医協)で点数配分の議論が行われます。(図1)
 平成22年度診療報酬改定の審議は、政権交代に伴う混乱等(中医協委員の選任が10月26日に決着:表1)で、前回の改定よりも1ヶ月近く遅延しました。そのため、平成22年4月改定に間に合わすため、中医協では検証結果を含め、焦点となる個別項目について10月30日から診療報酬基本問題小委員会を週2回のペースで開催し集中的に議論が行われました。(表2)

表1 中央社会保険医療協議会委員名簿(2009.10.26) 表2 中医協・診療報酬基本問題小委員会で検討された項目

 平成22年度診療報酬改定の基本方針は、社会保障審議会の医療保険部会及び医療部会で取り纏められ12月8日(前回改定では12月3日)に公表され、改定率が年末の予算編成過程で12月23日(前回改定では12月17日)に閣議決定されました。(図1)
 平成22年1月からは、決定された改定率に基づき基本方針に沿った具体的な点数配分を審議し、厚生労働大臣の諮問(前回改定では1月18日)に対して診療報酬点数の改定案が答申(前回改定では2月13日)され、3月(前回改定では3月5日)に告示される予定となっています。(図1)
 診療報酬改定を平成22年4月に間に合わせるためには、かなりタイトな日程になっており、告示が前回改定よりも遅れことが予測されます。そのため、4月以降に解釈等の通知が多く発出される可能性があるため、審議内容を把握し素早い対応をすることが必要です。