Home > ニュース > MMSニュース > MMSニュース No.80 (PAGE 1)

MMSニュース No.80

「今後の精神科入院医療」について

1.はじめに

 平成16年9月に「精神保健医療福祉の改革ビジョン」が公表され、「入院医療中心から地域生活中心へ」を基本方策として改革が推し進められています。この改革ビジョンでは、概ね10年間の精神保健医療福祉の見直しの具体的な方向性を明らかにした上で、今後10年間を5年ごとの第一期と第二期に区分し、第一期の改革の成果を評価し、第二期における具体的な施策を定めることになっています。そのため、平成21年9月までに第二期の重点施策を策定することが必要であり、「今後の精神医療福祉のあり方等に関する検討会」等で検討されているのが現状です。
 精神科医療を担っている精神科病院等は、医療環境の大きな変化に伴い過渡期を迎えており、生き残りをかけた経営戦略が必要な状況となっています。
 そこで、今回のMMSニュースでは、「今後の精神科入院医療」について医業経営コンサルタントの立場で予測した内容となっておりますので、その点を考慮のうえ参考にしていただければ幸いです。

精神保健医療福祉の動向