Home > ニュース > MMSニュース > MMSニュース No.54 (PAGE 9)

MMSニュース No.54

Ⅱ.改革の重点施策はどのようになっているか

(6)居宅生活支援は地域で精神障害者を維持する上で大変重要な機能(7ページ図3)

 現行の居宅生活支援サービスは、ホームヘルプ、ショートステイ、グループホームの3種類となっていますが、グループホームが「住まいの機能」に移り、新たに重度障害者(例えばGAF30点以下程度の目安)を地域で包括的に支援する事業が追加されました。5ページ上の図参照

1)グループホームの機能を分化しその強化を図る

 グループホームは、入所者の精神症状により、現行の形態と重度障害者(例えばGAF30点以下程度)にも対応可能な24時間連絡体制が整備された新たな形態に分化されます。(5ページ(5)参照)なお、グループホームは公営住宅の活用等既存のインフラを活用することも明記されています。

1)訪問サービス
 訪問サービスの中にはホームヘルプサービスだけではなく、訪問看護も位置付けられており、医療と福祉の両面からの柔軟な対応が可能となっています。5ページ下の図参照)ホームヘルプサービスは使い勝手などを考え、サービスの内容に応じ時間による単価設定が有効な方法であり、今後検討が加えられます。
2)ショートステイ
 ショートステイは従来介護者の都合のため一時的に短期間精神障害者を預ける機能でしたが、今後入院予防的な入所機能や精神科救急システムに加え必要に応じ短期間家族から離れてケアを受けることができる機能が検討されます。なお、現在の利用者数制限は活用状況に応じ撤廃される可能性があります。
3)包括的に地域生活を支える仕組み(5ページ上の図