Home > ニュース > MMSニュース > MMSニュース No.53 (PAGE 1)

MMSニュース No.53

厚生労働省「精神病床等に関する検討会」が最終まとめを提示しました。

1.精神保健福祉対策本部のすべての検討会が最終まとめを提示

今後のスケジュール

 7月26日に開催された精神病床等に関する検討会では、「最終まとめ案」が概ね了承され、座長(吉川武彦中部学院大教授)による文言修正が加えられた後、8月6日に開催された社会保障審議会障害者部会に、「最終まとめ」として報告されました。

 なお、当日の報告には7月29日に提出された「精神障害者の地域生活支援の在り方に関する検討会最終まとめ」も同時に報告され、本年3月に報告された「心の健康問題の正しい理解のための普及啓発検討会報告書」と併せ、精神保健福祉対策本部の中間報告に基づき開催された3つの検討会は全て終了しました。

 これら3つの検討会の最終まとめに記載された事項については、社会保障審議会障害者部会の意見を聞きながら、平成17年度に改正が予定されている精神保健福祉法や医療法に反映されるとともに、病床の機能分化等報酬や施設基準に関係する部分は、平成18年度の診療報酬改定で具体化されることになります。