Home > 薬剤業務 > 精神科専門薬剤師を目指そう7-3 (PAGE 1)

精神科専門薬剤師を目指そう(No.7-3)

桜ヶ丘記念病院
吉尾 隆

Ⅵ.精神科専門薬剤師に必要な知識

 『精神科専門薬剤師を目指そう!』(No.7-2)では双極性障害とその薬物療法について解説しました。今回はうつ病について解説します。

1.うつ病


1)疾患の概要

 うつ病とは、抑うつ気分、興味の喪失、気力の低下などの精神症状に加え、易疲労感、食欲・性欲の低下、睡眠障害などの身体症状を伴う疾患です。うつ病では、脳内の神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの量が低下していると考えられています。DSM−IVでは、うつ病の代表的疾患である“大うつ病”の生涯有病率は、女性で10〜25%、男性で5〜12%とされています。したがって、うつ病は決して稀な疾患ではなく誰もが罹患しうる疾患ということになります。

2)うつ病の原因

 うつ病の原因としては、患者の性格(表1)や家族、職場を含めた環境などとの相互作用が挙げられますが、現在では脳内における生物学的異常が原因と考えられており、前述した脳内におけるセロトニンとノルアドレナリンの量が減少することにより引き起こされる“疾患”であり“気持ちの持ちよう”の問題ではないということが判明しています(図1)。また、抑うつの原因となる基礎疾患として、脳器質性疾患、症候性うつ病、身体疾患に伴うつ状態があり(表2)、さらに、薬剤性のうつ状態もしばしば見られます(表3)ので注意が必要です。

表1.うつ病になりやすい性格

吉永五郎:内因性精神病−臨床精神病理学の立場から−,医学書院,東京,p62−71,1988
クレッチマーの循環気質 社交的、親切、善良、静か、落ち着いている、気が弱い、陰うつ、他者優先的・依存的
下田の執着気質 仕事熱心、几帳面、凝り性、徹底的、正直、熱中性、持続性、ごまかしができない
テレンバッハのメランコリー性格 几帳面・勤勉、誠実、円満な対人関係、強い義務感・秩序性

図1.うつ病の発症

うつ病の発症

表2.抑うつの原因となる基礎疾患

①脳器質性疾患
  a.一時的な脳の変性・萎縮
  b.多発性梗塞(脳血管障害)
  c.パーキンソン病
  d.脳腫瘍 
  e.慢性硬膜下血腫

②症候性うつ病 
  a.甲状腺機能低下症 
  b.クッシング症候群
  c.ビタミンB群欠乏症
  d.悪性腫瘍
③身体疾患に伴ううつ状態
  a.高血圧症
  b.冠動脈疾患
  c.糖尿病
  d.胃潰瘍
  e.潰瘍性大腸炎
  f.慢性膵炎
  g.慢性関節リウマチ
  h.外傷性および手術

表3.抑うつを引き起こす薬剤

① 循環器用薬
② 消化器用薬
③ 副腎皮質ステロイド
④ NSAIDs
⑤ インターフェロン
⑥ 抗ガン薬

4(07.12.28)