Home > 経営管理講座 > 病院広報の新しい潮流〜〔REPORT〕2017年「全国病院広報研究大会」事例から(PAGE 1)

病院広報の新しい潮流〜〔REPORT〕2017年「全国病院広報研究大会」事例から


医療ジャーナリスト:冨井 淑夫

2017年、筆者が理事・運営委員の末席を汚すNPO法人日本HIS研究センター(石田章一代表理事)はパナソニック健康保険組合 松下記念病院との共催で、「HISフォーラム2017 in OSAKA」を開催。同フォーラムの目玉である「第21回全国病院広報研究大会」では全国の病院から42事例の応募があり、第一次・二次予選を通過した10病院の広報事例が発表された。ここでは、同大会で発表された優秀事例の一部を紹介する。

(事例1)・「広報で支える働き方改革」四国中央市・(社医)石川記念会HITO病院

●HITO病院の「働き方改革」の取り組み

  • ①全医師へのiPad配布(業務効率化・医療の質向上)
  • ②医療従事者に向けた音声認識ソフトの導入(業務効率化・医療の質向上)
  • ③在宅テレワーク制度の試験導入(労働基盤強化・業務効率化/雇用創出)
  • ④時短勤務・福利厚生(労働基盤強化・雇用創出)

 医療を取り巻く経営環境が年々、厳しくなる中で、人手不足に苦労する地方都市では、医療職らの「働き方」や福利厚生の充実等も含めた職場環境の改善が喫緊の課題となっている。そうした中で同院では2016年12月より来るべき地域包括ケア時代や超高齢化社会の到来を見据えて、「未来創出HITOプロジェクト」をスタートした。その三本の柱は①ICTとIOT、PHRの活用による地方創生(業務改善と市民の健康増進・意識啓発)②業務効率化による診療・治療時間の増加と、より質の高い医療の提供③働き方改革・労働基盤の強化――からなるが、今回は③「働き方改革」の広報活動について報告された。

 同院の③の取り組みとしては、①全医師へのipad配布(院内どこでも情報閲覧可能・情報端末に戻る時間の短縮)②医療従事者に向けた音声認識ソフトの導入(記録時間の短縮・記載ミスの削減)③在宅テレワーク制度の試験導入(在宅での遠隔勤務)④時短勤務・福利厚生(夕食無料バイキング、保育施設完備、ぐるみん、男性育休)――の4つ。

 ①から④までの体制整備を進めると同時に、同院では「働き方改革」の実践を地元新聞やテレビ局等のマスメディアに取り上げてもらうよう積極的に働きかけを行った広報活動の内容が、具体的な成果を交えて紹介された。

 同院広報担当者らは地元の新聞社やTV局等を30回以上訪問し、時には日参。直接、記者らと対面して、「未来創出HITOプロジェクト」の目的や、目指すところを丁寧に説明した。遠方の大都市にある雑誌社等に対しては、メールで情報を送るだけでなく、直接、記者に電話をして同プロジェクトにかける熱意を伝えて来た。

 地道な広報活動を実直に行なったことで熱意が通じたのか、愛媛新聞や日経新聞愛媛版等は同プロジェクトの内容をシリーズで紹介。この他、地方テレビ局2局と地元CATV、全国版日経オンライン等でも同プロジェクトを取り上げてもらうことが実現した。

 前述・③に関して現政権は、2020年までにICT技術等を活用し、場所や時間等に捉われない柔軟な働き方の雇用型「在宅テレワーク」の割合を全労働者の10%以上にする目標を掲げているが、同院では昨年4月から経営企画室広報課職員に対して、試験的に在宅テレワークを導入した。毎朝、定時より画面を共有したTV会議を実施し、スタッフ間の遠隔指導等も可能にすると共に、クラウドやグループウェア等も活用して、資料等についても情報共有を行って、スタッフ同士が「顔の見える」コミュニケーションを実現した。

 その結果、4月からの半年間でテレワークの対象となった広報課職員の通勤時間がトータルで165時間短縮。同広報課の作る制作物は254点も増加して、業務の効率化と生産性向上に大きく貢献した。2017年4月から7月の3か月間に限定すると、制作物は前年同期比で232%に。全メディアでの掲載総数は48回、前年同期比で166%と増加したという。

 更に、同院ではホームページをリニューアルすることになったが、全体の刷新に先駆けて、職員リクルートの専門サイトを新たに立ち上げた。

 そこでは新着の採用情報が即、UPされると同時に、職種毎の特設サイトを作り、例えば看護師のページでは新人、或いはママさんナース等、多様な立場や環境で働く看護師さん達の1日をクローズアップし、職場を「身近に」感じてもらう工夫をした。

 採用専用サイトのアクセス数は前年比で126%と増え、四国4件だけでなく大阪府等、都心部からのアクセスが急増。職種毎に新規採用応募者を分類すると前年と比較し臨床研修医は約3倍、薬剤師は約6倍に増える等、多大な成果を上げた。同院広報担当者は「多様な働き方が可能な病院として認知されることで、“人が集う病院”としての好循環を作り、人材基盤と労働環境を強化する正のスパイラルを目指したい」と語った。なお、HITO病院の発表は、同フォーラムで最優秀賞に輝いた。