Home > 経営管理講座 > 経営基本管理〜構成要素と取り組みの基本第2回(PAGE 1)

経営基本管理〜構成要素と取り組みの基本第2回

伸びる企業の理念に共通していることを踏まえ自院の方針を再検討

伸びる企業の経営理念

 今回から、医業経営のよりどころとなる理念や基本方針について考えていきます。病院の最高責任者が、自身の思想や価値観を患者や職員に向けて表明するために欠かせない要素です。
 まず、伸びる会社(経営体)の理念にはどんな特徴があるかを推察しながら、経営理念・基本方針の一般的な作成手順を整理します。

 伸びる企業の経営理念には、共通した思想があると言われます。それは、経営体が成長・発展するための道筋を集約したものが、しっかりと基盤に据えられているということでしょう。例えば、次のようなことが挙げられます。

1.社会貢献の思想

 第一に、企業の存在価値は社会貢献であるとの思想が明確になっていることです。それは「顧客第一主義」でもあり、プロダクトアウトでなくマーケットインの考え方で顧客の潜在ニースを掘り起こし、それに応えるサービスや商品を提供していく、といった理念です。

2.人間中心の思想

 人を中心に考え尊重することも、伸びる企業に共通した思想です。企業は単に、使う人と使われる人の集まりではありません。社会貢献に志を同じくする者が、役割を分担し、世の中が求めるサービスや商品を造り出していく集団です。また、一人ひとりが社会貢献活動を通して、自己を磨き成長していく場にもなります。