耐震基準法

過去の被害地震と耐震基準の変遷

 我が国の建築基準法は、大地震の発生の都度に改正されています。旧建築基準法から現行の基準法へ次第に要求基準を引き上げながら、今日の充実した内容へと至っているのです。

耐震基準法の変遷

旧基準イメージ図 建築物の機能を保持する。
※中小地震(震度5程度)を想定
新基準イメージ図 建物の崩壊からの人命の保護を図る。
※大震度(震度6〜7程度)を想定

資料提供:株式会社 熊谷組