Home > 精神科医療制度・法律 > 医療広告ガイドライン (PAGE 1)

医療広告ガイドライン

Ⅰ.第5次医療法改正の概要

第5次医療法改正の概要

 2006年(平成18年)6月21日に、「良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律」が公布され、2007年(平成19年)4月1日から第5次医療法改正が施行されています。第5次医療法改正は、国民に対し良質な医療を提供することで安心と信頼を確保し、質の高い医療サービスを適切に提供する体制を構築することを目的としています。
 そのため、第5次医療法改正では、以下の6項目が具体的な内容となっています。

① 医療計画制度の見直し等を通じた医療機能の分化・連携の推進
② 地域や診療科による医師不足問題への対応
③ 医療法人制度の改革
④ 医療従事者の資質の向上
⑤ 医療安全の確保
⑥ 患者等への医療に関する情報提供の推進

 今回は、⑥の項目に関して、「医療広告のガイドライン」に基づいた医療に関する広告規制の見直しについて解説します。