Home > 精神科医療制度・法律 > 第3章−1「介護報酬(居宅サービス:訪問介護)」(PAGE 1)

第3章−1「介護報酬(居宅サービス:訪問介護)」

Ⅰ.居宅サービスの種類

訪問サービス 1.訪問介護(ホームヘルプサービス)  2.訪問看護
3.訪問リハビリテーション 4.訪問入浴介護 5.居宅療養管理指導
通所サービス 1.通所介護(デイサービス) 2.通所リハビリテーション(デイ・ケア)
短期入所サービス
(ショートステイ)
1.短期入所生活介護  2.短期入所療養介護
その他 1.特定施設入居者生活介護  2.福祉用具貸与 3.特定福祉用具販売

 居宅サービスには、訪問サービスで5種類、通所サービスで2種類、短期入所サービス(ショートステイ)で2種類、その他で3種類の計12種類があります。

Ⅱ.訪問サービス

1.訪問介護(ホームヘルプサービス)

(1)訪問介護(ホームヘルプサービス)の概要

 訪問介護とは、居宅(軽費老人ホーム、有料老人ホーム、その他の厚生労働省令で定める施設における居室を含む。:以下同じ)の要介護者に介護福祉士等から行われる入浴、排せつ、食事、調理、洗濯、掃除等の家事、生活等に関する相談及び助言その他の居宅の要介護者に必要な日常生活上の世話です。(定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護は除く。)

1)身体介護

 身体介護とは、利用者の身体に直接接触して行なう介助並びにこれを行うために必要な準備や後始末、利用者の日常生活を営むのに必要な機能の向上等のための介助及び専門的な援助であり、1人の利用者に対して訪問介護員等が1対1で行うものです。

【身体介護を構成する個々の行為】
動作介護 比較的手間のかからない体位交換、移動介助、移乗介助、 起床介助(寝床から起す介助)、就寝介助(寝床に寝かす介助) 等
身の回り介護 ある程度手間のかかる排泄介助、部分清拭、部分浴介助、整容介助、更衣介助 等
生活介護 長い時間で手間のかかる食事介助、全身清拭、全身浴介助 等
2)生活援助

 生活援助とは、身体介護以外の訪問介護であって、掃除、洗濯、調理などの日常生活の援助であり、利用者が単身や家族が障害・疾病のため、本人や家族が家事を行うことが困難な場合に行われるものです。
 ただし、商品の販売や農作業等生業の援助的な行為や直接本人の日常生活の援助に該当しない行為等は生活援助に含まれません。

 算定は、身体介護に要する一般的な時間や内容から、身体介護を構成する個々の行為を大きく分類します。その上で、居宅サービス計画の作成時点で利用者が選択した居宅介護支援事業者と十分連絡を図りながら利用者の心身の状況や意向等を踏まえ、適切に適用されるよう留意するとともに、訪問介護計画の作成の際に利用者又はその家族等への説明を十分行い、その同意の上で、身体介護か生活支援に該当するかを確定します。  なお、たんの吸引等の業務を行うための登録を受けている事業者が、訪問介護でたんの吸引等を行う場合は、身体介護として取り扱います。

身体介護、生活援助の算定