Home > EBM(Evidence-Based Mental Health) > 生活技能訓練(SST)の実際とその効果 (PAGE 5)

生活技能訓練(SST)の実際とその効果

研究紹介
 持続性の統合失調症を有する人へのSST:心理社会的作業療法との効果の比較

Liberman RP, Wallace CJ, Blackwell G, et al. Skills training versus psychosocial occupational therapy for persons with persistent schizophrenia. Am J Psychiatry, 1998; 155: 1087-1091.

問い:
他の療法と比べてSSTは優れているのか?
SSTの中で訓練された技能は実社会にも適用されるのか?
SSTは通常の臨床環境で働いているparaprofessional(専門職補助者)でも効果的に実施することができるのか?
研究紹介
結果:
SST群は比較群に比べて、自立生活技能尺度の合計点の向上が大きかった。
小項目の中では、所有物の管理、食事の準備、金銭管理において比較群より技能の向上が大きかった。健康管理、交通機関の利用、求職、職の維持に関する技能もSST開始前と比して向上していた。
結論:
SSTは心理社会的作業療法より技能の維持と汎化に優れていた。
SSTは(専門家以外の)paraprofessionalでも効果的に実施することができる。